Hadron Theory Group

東京大学ハドロン理論グループ(福嶋研究室)のホームページへようこそ

我々のグループは、強い相互作用の基礎理論である量子色力学 (QCD = Quantum Chromodynamics) の理論研究をしています。

クォークとグルーオンの相互作用は単純な式で書かれますが、そこから驚くほど複雑で興味深い物理が出てきます。 高温高密度 QCD 物質の物性、相対論的重イオン衝突実験の現象論、高密度核物質/クォーク物質の状態方程式、さらには場の量子論の基礎的な問題まで、幅広い研究分野をカバーしています。

最近の研究紹介はこちら

ニュース

2021

10

  • M1 の学生の Cai くんが研究室メンバーに加わりました。楽しく研究していきましょう。

  • 福嶋教授が京大基研で高温高密度カイラルスピン物質の理論について集中講義をしました。

  • 藤本くんが日本物理学会若手奨励賞を受賞しました。おめでとう!

9

  • Chen くん、奥津くん、島崎くん、Qiu くん、藤本くん、福嶋教授が日本物理学会で講演しました。

  • Chen くんが京大基研に約2ヶ月間滞在します。

6月

  • 6月1日(火)16:30-18:00にA0サブコース合同オープンラボをオンラインで開催しました。参加してくださった方はありがとうございました。研究室紹介のスライドを公開しました。ご覧ください。

4月

  • Yu くん、大沼くん、嶋田くんが研究室メンバーに加わりました。楽しく研究していきましょう。

3月

  • 福嶋教授、藤本くん、島崎くんが日本物理学会で講演しました。

  • 福嶋教授の執筆した解説記事「カイラル量子異常」が雑誌『数理科学』(2021年3月号)に掲載されました。

2月

  • 2020年度の反省会をしました。講演ファイルはここ(内部限定)で見られます。